【京都河原町の筋肉肥大専門パーソナルジム Rise】細身体型・ガリガリに悩む人向けの食事法

query_builder 2021/05/15
バルクアップ(筋肉肥大)
細身体型・ガリガリに悩む人向けの食事法


京都河原町の肉体改造専門プライベートジムRiseです。




今回のテーマは『細身体型・ガリガリに悩む人向けの食事法』です。



言うまでもなく、筋肉を発達させるためには、まず食べることが何より重要です。



しかし、バルクアップをしたいと思った時「たくさん食べないといけないのはわかるけど、元々細身でなかなか食べられない」と悩む方も多いのではないでしょうか。




今回の記事では「体重を増やしたいけど、なかなか増やせない...」という方に向けた解決策を提案していきます。



食事の摂り方を工夫し、体を大きくしていきましょう。




①食事回数を増やす

②消化酵素を活性化する



①食事回数を増やす。



基本的なことになりますが、食事回数を増やすことはとても有効です。



食が細く、細身の方は、一度の摂取量が少ない傾向にあります。


人間の体では、一度に消化吸収できる量が決まっているため、こまめな栄養摂取をすることで、効率よく吸収ができます。



目安としては「固形食で5~6食」は摂りたいところです。



それが難しい場合は「液体でのカロリー摂取」が望ましいです。



ここで、おすすめのドリンクを3つ紹介します。


・プロテイン

・野菜、フルーツジュース

・ヨーグルト飲料


これらの栄養価(カロリー)が高いものを選択し、徐々に摂取カロリーを増やしていきましょう。



②消化酵素を活性化する。



先程、一度に消化吸収できる量は決まっていると説明しました。



そこに関係するのが「消化酵素」となります。



口に入れた食事というのは、胃や腸で「消化酵素」の働きによって消化・分解されます。



バルクアップにおいて、食事をたくさん吸収するためには「消化酵素」の働きを活発にしなければなりません。


そこで必要なのが「腸内環境」が良くすることです。




腸内環境を良くするために、重要な栄養素を3つ紹介します。



❶食物繊維

❷オリゴ糖

❸発酵食品




食物繊維の「1日の必要量目安は20g」となります。



豊富に含まれる食材としては


・ブロッコリー3房

・サツマイモ2本

・オートミール茶碗2杯


となります。



次にオリゴ糖の「1日の摂取量目安は2~10g」です。


・大豆

・ごぼう

・ハチミツ


に豊富に含まれます。



一度に多量に摂取すると、お腹が張ったり、下痢を起こす恐れがありますが


食材からの摂取では、基本的には過剰摂取の心配はありません。


「オリゴ糖」をサプリ等で直接摂取する際に注意しましょう。




発酵食品の場合は「日常的な摂取」が重要となります。


・納豆

・漬物

・味噌


こちらに関しては、人によって合う食材が変わるため、様々な種類を試して自分の体に合うものを選択しましょう。




体を大きくする上で、十分な量を食べることは必要不可欠です。


元々細身の方でも、様々な栄養摂取方法とトレーニングによって、体を変えることは誰でも可能です。


十分なカロリー摂取でバルクアップしていきましょう。



筋肉で体を大きくさせたい方はこちらをご覧ください↓

京都で筋肉肥大・バルクアップするならパーソナルジムRiseが一番お勧めです。



Rise(ライズ)では肉体改造のプロが筋力トレーニングと食事の管理をサポートさせて頂いております。お気軽に無料カウンセリング・体験トレーニングのお問い合わせくださいませ。


肉体改造専門パーソナルジム Riseライズ

河原町駅徒歩5分・烏丸駅徒歩7分・祇園四条駅徒歩10




NEW

  • 【効率的な筋肥大のコツ】増量期と減量期を使い分ける方法

    query_builder 2022/12/01
  • バルクアップ中の間食は『完全栄養食』がオススメ!

    query_builder 2022/11/27
  • ジムに行けない日に自宅でやるべき筋肥大トレーニング3選!

    query_builder 2022/11/23
  • ダイエットの入口!体脂肪率25%以上の人が最初にやるべきこと

    query_builder 2022/11/21
  • 【ガリガリ体型改善】遺伝的に太りにくい人っているの?

    query_builder 2022/11/17

CATEGORY

ARCHIVE