【祇園四条のボディメイクパーソナルジムStyledge】体脂肪燃焼にランニングよりもウォーキングがおすすめな理由

query_builder 2021/08/31
ダイエット全般
体脂肪燃焼にランニングよりもウォーキングがおすすめな理由


京都河原町の肉体改造専門プライベートジムRiseです。



今回は「

」について解説していきます。



「脂肪燃焼には、ウォーキングよりもランニングの方が効果的!」



このように、歩くよりも走った方がやり切った感じがあり「脂肪燃焼」の効果も高いと考えている人は多くいるのではないでしょうか?



しかし、「脂肪燃焼」を効果的に行うには「ランニング」よりも「ウォーキング」の方がおすすめです。



・効率的に脂肪をエネルギー源として使うことができる
・長時間継続しても疲労が溜まりにくい
・活動中に水分補給を行いやすい



①脂肪燃焼にウォーキングが効果的な理由

②脂肪燃焼が効率的になるタイミング

③ウォーキングを行う時間



①脂肪燃焼にウォーキングが効果的な理由



ダイエット中に、「ランニング」よりも「ウォーキング」がおすすめと知り、驚かれた方が多いのではないでしょうか?



脂肪燃焼には、体脂肪から分解された「脂肪酸」と「酸素」が必要です。



ちょっと難しいかもしれませんが
体脂肪から分解された「脂肪酸」が細胞の中のミトコンドリアという箇所に運ばれ、細胞の中のエネルギーであるATP(アデノシン三リン酸)に変わり「二酸化炭素」と「水」が生まれることで脂肪燃焼が行われます。



ミトコンドリアからATPを作り出す際に「酸素」が必要になります。



ランニングをダイエット中におすすめしない理由は、強度が高くなるにつれて無酸素運動よりになり「糖質」の利用率が高まるからです。



「糖質」の利用率が高まると、逆に体脂肪の利用率が抑えられてしまいます。



運動経験がない方でも疲労を貯めにくく、脂肪燃焼に効率的な「ウォーキング」がおすすめです。



②脂肪燃焼のためのウォーキングのタイミング



脂肪燃焼を最も効率的に行うには、「起床後の食事前」がおすすめです。



1日の中で最も体内に「糖質」が少ない状態でのウォーキングが効果的です。



体内で不足している「糖質」を補うため、「脂肪」を優先的にエネルギーとして使われて脂肪燃焼を行います。



なので、1日の中で最も空腹のタイミングでウォーキングを行い、脂肪を効率的に燃やしていきましょう。



③ウォーキングを行う時間



ウォーキングは、20分以上継続的に行うことでより効率的な脂肪燃焼を期待することができます。



血液中に脂肪酸が放出され、脂肪を燃焼するまでに約20分程度かかるからです。



「有酸素運動を始めて20分間までは脂肪燃焼が全くない」というわけではないですが、効率的に脂肪を燃焼させるためには、20~30分継続的に行うことがおすすめです。



Rise(ライズ)では肉体改造のプロが筋力トレーニングと食事の管理をサポートさせて頂いております。お気軽に無料カウンセリング・体験トレーニングのお問い合わせくださいませ。


肉体改造専門パーソナルジム Riseライズ

河原町駅徒歩5分・烏丸駅徒歩7分・祇園四条駅徒歩10


NEW

  • 【習慣から変える】太れない人が今すぐやめるべき3つの習慣

    query_builder 2023/03/28
  • 3日に1回チートデイ?停滞を打破する『サイクルチート』とは?

    query_builder 2023/03/23
  • 【カロリーを稼ぐ】少食でも筋肥大を実現できる"食べ方の秘訣"

    query_builder 2023/03/16
  • 筋肉痛の治りが遅い…そんな時に食べるべきオススメ食材3選

    query_builder 2023/03/03
  • 実は足りていない?"太い腕"を作るには週〇〇セットがベスト!

    query_builder 2023/02/28

CATEGORY

ARCHIVE