【烏丸四条で増量・バルクアップ専門パーソナルジム Rise】筋肥大に欠かせない!トレーニング3つの原理を解説

query_builder 2022/01/04
バルクアップ(筋肉肥大)
筋肥大に欠かせない!トレーニング3つの原理を解説

京都河原町の肉体改造専門プライベートジムRiseです。


今回のテーマは「筋肥大に欠かせない!トレーニング3つの原理を解説」です。


なんとなくのトレーニングはできるようになったけど、「筋肥大に必要な3つの原理」について理解はしていない...という方も多いのではないでしょうか。


トレーニングにおける3つの原理を知ることで、筋肥大をさせるための基礎的なルールを知ることができます。



本記事では、「筋肥大に欠かせない3つの原理」について解説します。


「筋肥大に伸び悩んでいる...」そんな方に役立つ記事です。


トレーニング3つの原理


・過負荷の原理
・特異性の原理
・可逆性の原理


上記3つの原理がトレーニングをする上で、欠かせない情報です。


では、ひとつずつ解説していきます。


過負荷の原理


過負荷の原理とは、トレーニングで体の大きさや機能を向上させていくには、常に負荷を増やしていかなければいけないという考え方です。


つまり、トレーニングを行っていても、負荷が低すぎるまたは常に同じ負荷でトレーニングを行っていては、筋肉は成長しにくいということになります。


実際「自重トレーニングを行っているけど、体があまり変わらない」という経験のある方がいらっしゃるのではないでしょうか。


自重トレーニングでは、負荷を上げ続ける事が難しく、筋肉への負荷に体が慣れてしまうからです。


なので、筋肥大をさせるためにもダンベルやマシンなどを使い、負荷を上げていくことが必要です。


特異性の原理


特異性の原理とは、目的によってトレーニング方法を変える必要があるということです。


筋肥大を目的とする場合、8〜12回程度で限界を迎える負荷に設定することが筋肥大を促します。


しかし、筋肥大目的なのに、筋力の向上を促すようなセッティング(1~5回で限界を迎える負荷設定)にしてしまっては、効率的に目的を達成することは難しくなります。


なので、目的に合ったトレーニング方法や回数、セット数などを見つめ直す事が重要です。


可逆性の原理


可逆性の原理とは、トレーニングを辞めてしまうことで、身体が元の状態に戻ってしまうという事です。


1~2年間トレーニングを継続し、筋肥したとしても、トレーニングを辞めてしまうことで、体は元の状態に少しずつ戻っていきます。


なので、筋肥大したからといって、トレーニングを辞めてしまうのではなく、トレーニング強度を下げても、継続し続けることが体型を維持するために重要です。


まとめ


・過負荷の原理
・特異性の原理
・可逆性の原理


上記3つの原理について知り、体を変えるために最低限必要な知識を得る事ができたと思います。


しかし、この情報を得ただけで筋肥大はしません。


体を変えるためには、トレーニングを実施し、継続する事が最も大切です。


「一人では、トレーニングを継続できない...」


このような悩みを持つ方もいらっしゃると思います。


そんな方には、パーソナルトレーニングがおすすめです。


パーソナルトレーニングでは、マンツーマンでトレーナーがお客様にの体に合わせたトレーニング /食事指導を行います。


なので、一人では頑張れない方も、継続的にトレーニングを行うことができ、体を変える事が可能です。



筋肉で体を大きくさせたい方はこちらをご覧ください↓

京都で筋肉肥大・バルクアップするならパーソナルジムRiseが一番お勧めです。



Rise(ライズ)では肉体改造のプロが筋力トレーニングと食事の管理をサポートさせて頂いております。お気軽に無料カウンセリング・体験トレーニングのお問い合わせくださいませ。


肉体改造専門パーソナルジム Riseライズ

河原町駅徒歩5分・烏丸駅徒歩7分・三条駅・祇園四条駅徒歩10


NEW

  • ヒップアップするために毎日意識したいことランキングtop3!

    query_builder 2022/08/04
  • 階段を使ってヒップアップする3つのコツとは!?

    query_builder 2022/07/28
  • 【トレーナーが教える】食事制限なしで脚痩せする方法を伝授!

    query_builder 2022/07/26
  • スタンディングデスクを使うと脚痩せする理由とは!?

    query_builder 2022/07/24
  • ダイエットの停滞は『代謝の低下』が原因かも…?

    query_builder 2022/07/14

CATEGORY

ARCHIVE