老化が加速する?!加齢とともに不足しやすい栄養素 3選

query_builder 2023/02/27
50代以上向け身体作り
老化が加速する?!加齢とともに不足しやすい栄養素 3選

京都河原町の50代以上向けパーソナルジムRiseです。


今回のテーマは「老化が加速する?!加齢とともに不足しやすい栄養素 3選」です。


筋肉量や体力の低下、老化の進行など、私たちの体には加齢による不可避な変化があります。


また、肌や骨、関節の健康にも影響が出て、さまざまな疾病のリスクも年々高まっていきます。


しかし、加齢とともに不足する栄養素を知り、食事管理に注意を払うことで、これらを予防・改善することができるかもしれません。


この記事では、加齢に伴う栄養素の不足に着目し「体力や筋肉量の維持、骨の健康」に効果的な栄養素を3つに絞って解説します。


自分自身で健康をサポートし、毎日アクティブに過ごしたい人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

⑴加齢とともに不足する栄養素が増えるのはなぜ?

50代以降の人にとって、加齢とともに不足する栄養素が増えることは重要な課題です。


この問題に対処するには、まずその"原因"を知ることが必要でしょう。


下記では、加齢とともに不足する栄養素が増える主な原因を4つ紹介します。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

①食事量の減少

→ 加齢に伴い食欲や味覚が低下し、食事量が減ることで必然的に摂取できる栄養素が減る。また、咀嚼や飲み込みの障害がある場合も食事量の減少に繋がる。


②体内での栄養素の合成量の低下

→ 特定の栄養素は、加齢とともに合成量が低下していく傾向にある。例えば「ビタミンD」は、皮膚からの合成が主なルートだが、加齢に伴って合成能力は低下する。


③消化・吸収能力の低下

→ 胃酸や消化酵素の分泌量が低下することで消化が悪くなり、栄養素の吸収が悪化する。また、腸内細菌叢の変化(腸内環境の悪化)も栄養素の吸収に影響を与える。

※胃酸の分泌量は20代と80代を比較すると約50%低下しているとの報告もある


④薬の副作用

→慢性疾患や痛みなどの治療のため服用する薬が増えることがあり、薬の種類によって栄養素の吸収を妨げる副作用があるものもある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

⑵栄養素が不足するとどうなる?

・筋肉量が低下

→ サルコペニアが進行し、荷物を持ち上げたり、階段を登ったりすることが困難になり、日常生活に支障をきたす。

※サルコペニア:筋肉量の減少や筋力の低下が起こる老化現象


・疾病リスクの上昇

→ 骨が弱くなって骨粗鬆症になったり、鉄やビタミンB群で貧血になりやすくなったり、免疫力が低下したりすることで感染症にかかりやすくなる。


・日常生活の質の低下

→ 慢性的な疲労感や息切れ、めまいが起こりやすくなる。また、咀嚼や飲み込みの障害が影響し、食事を楽しむことができなくなる可能性もある。

⑶加齢とともに不足する栄養素3選!

加齢とともに不足していく栄養素はいくつかありますが、その中でも代表的な栄養素を紹介します。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

①コエンザイムQ10

②ビタミンD & カルシウム

③オメガ3脂肪酸

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1つずつ解説します。


①「コエンザイムQ10」


コエンザイムQ10は、細胞内でエネルギーを作るときに補酵素として働き、さらに老化を予防する抗酸化作用を持っています。


不足すると、体力が低下し慢性的な疲労感を感じたり、動悸や息切れ、さらには筋肉の萎縮や心臓病の原因になることもあります。


個人差はあるものの体内での合成量は、「20代をピークに減っていき、80代にはピーク時の半分程度まで減少する」と言われているため意識的な摂取が必要です。


食材だとサケ、イワシ、サバ、大豆製品、ナッツ類に多く含まれています。


サプリメントを活用する場合、体内に吸収されやすく抗酸化力の強い「還元型のコエンザイムQ10」を"100mg"を目安に摂取すると良いでしょう。


②「ビタミンD」&「カルシウム」


加齢に伴い、体内でのビタミンDの合成量は減少していき、カルシウムはもともと摂取量が不足しやすい栄養素です。


カルシウムの吸収にはビタミンDが必要なため、これらが不足すると、骨がもろくなりやすくなり骨粗鬆症のリスクが上がります。


また、ビタミンDの不足は筋力低下や筋肉量の減少に繋がり、カルシウムは筋肉の収縮に関係しています。


要するに、骨や筋肉の健康を維持するためには、ビタミンDとカルシウムは欠かせない栄養素ということです。


ビタミンDは、サーモンやマグロなど脂肪魚、キノコ類などに多く含まれており、1日の推奨量は"400~800IU"です。


※サーモンやマグロ(100g):約400~800IU、キノコ類(100g):約80~400IU


一方、カルシウムは、乳製品や小魚、緑黄色野菜などに多く含まれており、1日に"800~1,000mg"の摂取が推奨されます。


※牛乳(200ml):約220mg、チーズ(20g):約130mg、サンマ・イワシ(100g):約150mg


ちなみに、個人差はありますが、1日10分程度の日光浴で約400~1,000IUのビタミンDが合成されると言われています。


③「オメガ3脂肪酸」


オメガ3脂肪酸は体内で合成することができないため、食事から摂取する必要がある栄養素です。


不足すると、心血管疾患や自己免疫疾患、脳の健康の悪化などに繋がります。


オメガ3脂肪酸(特にEPA)は、筋肉の合成を促進し、筋肉量の減少を抑える効果もあるため、筋肉量を維持するためにも欠かせない栄養素です。


食材だと、青魚やナッツ類などに多く含まれています。


サプリメントを活用する場合、"2~3g"を目安にすると良いでしょう。


✓摂取が推奨される「タンパク質」は、実は足りている?


加齢とともに不足すると言われている「タンパク質」は、実は必要量は摂れているというデータが出ています。※2016年度の国民健康栄養調査を参考


推奨されているタンパク質の量は「体重×1g」ですが、男性は1日あたり78.8g、女性は59.2g摂れているそうです。


つまり、無理をして「タンパク質の摂取量を増やそうとすることはない」ということです。


ただし、個人差はあるので、肉や魚などを食べる機会が少ない人は、摂取量を増やすことも必要になるでしょう。


また、肉や魚を食べると胃もたれや消化不良を起こしやすい人は、消化吸収に優れているプロテインを活用するのも良いでしょう。

まとめ

加齢とともに、食事量が減ったり、合成量が減ったりするので、不足する栄養素は必然的に増えていきます。


特定の栄養素が不足すると、筋肉量が低下しサルコペニアが進行し、将来的に自分の足で歩けなくなるという可能性も…


筋肉量を維持、疾病を予防・改善するためには、上記で紹介したような栄養摂取だけでなく「トレーニングが効果的」です。


「適度な運動、適切な栄養摂取、正しい生活習慣を身につけて健康な身体で長生きしたい!」


そんな方は、パーソナルトレーニングがオススメです。


自分に合った食事管理方法・健康法を知りたい方は、こちらから無料カウンセリング↓

京都で50代から始めるパーソナルトレーニングはRiseが一番お勧めです。


Rise(ライズ)では肉体改造のプロが筋力トレーニングと食事の管理をサポートさせて頂いております。お気軽に無料カウンセリング・体験トレーニングのお問い合わせくださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

肉体改造専門パーソナルジム Riseライズ

京都府京都市中京区船屋町363-1 MJビル 3F

Tel:075-708-6272

河原町駅徒歩5分・烏丸・京阪三条駅徒歩7分・祇園四条駅徒歩10分

ーーーーーーーーーーーーーーーー


NEW

  • 50代の健康と肉体美!科学に裏打ちされた腸活ダイエットの極意

    query_builder 2024/05/15
  • 痩せ型を救済!体重増加に最適なスムージー&ドリンクレシピ

    query_builder 2024/04/27
  • 少量なら健康的?50代以降の"お酒" 適量と楽しみ方を伝授

    query_builder 2024/04/20
  • 筋肥大&体重増加の秘訣!痩せ型にオススメの良質な脂質食品3選

    query_builder 2024/04/12
  • 栄養不足だけが原因ではない、体重増加と体内時計の意外な関係

    query_builder 2024/04/02

CATEGORY

ARCHIVE